藤川たいすけの I LOVE KOBE

神戸を愛する28歳、神戸市会議員の奮闘記
<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
防災に関する質疑をしました!~危機管理室編~
f0233887_103838.jpg


昨日の決算特別委員会 第3分科会におきまして
危機管理室に対して藤川が質疑を行いました。



内容は

①市民に対する防災に関する広報について。
  毎年約8万人の新規転居者に対して、減災ガイド、最寄避難所のお知らせ
  などを全区役所で転入届受付時に説明することで、道のわからない新区民
  にとって、突然の災害にも対応できるよう、よりきめ細かい防災知識の
  向上啓発を質問・要望しました。


②義務教育下の子どもに対する防災教育について。
  現在、危機管理室と教育委員会において開かれている教育と防災に関する
  検討会において、教育委員会に下駄を預けるのではなく
  危機管理室がしっかりとイニシアチブを取り
  阪神淡路大震災の被災地である神戸市として、防災意識、知識が
  全国一高いと言えるような防災に力点を置いた、過去の経験を生かした
  教育内容を質問・要望しました。


③年齢層や時代に即した防災意識の啓発 広報、手法の創意工夫について。
  神戸市においてもヤフーとの災害時協定を結ぶなどITの分野においても
  力を入れているが、和歌山県で導入されている「逃げナビ」
  (最寄りの避難所までのナビがでたり災害情報が手元にくる)
  の様な、高性能携帯電話に対応したアプリやソフトを活用した防災知識の啓発や
  防災対策を行ってはどうか。
  アナログ作戦である現状行われている出前トーク
  (地域に担当職員が来て防災情報を講演する)
  に加え、地域から離れがちな若い世代や働き世代に対してはデジタルを
  活用した広報・啓発を並行して行うことで、時代や年齢層などに即した効果的な
  情報提供が出来ると質問・要望をしました。



以上大きく3つに分けて
こうべの未来の防災について前向きな質問と要望をさせて頂きました。


議会中ですが、市政相談などもいくつか頂いておりかなりバタバタしておりますが
まずは1つ担当質疑が終わったので一安心です。
次は週明けの火曜日第三分科会で都市計画総局に質疑を行います。
by fujikawa_taisuke | 2012-09-29 10:40
本会議にて先輩議員に学ぶ!
f0233887_195034.jpg

(若干ぶれてますが、今日の本会議、高山こういち議員の質疑の際の隠し撮りだそうです 笑)


本日は、我が会派の高山こういち議員(北区選出)が会派を代表して質疑を行いました。


当局は同じような答弁の繰り返しで逃げましたが
そこは当選5期の実力で、1問1答制度を活用したリズムのある質疑で追及!


他会派ですが、先日の安井前議長の質疑もザ・大局観て感じで勉強になりましたが
高山議員の論理の階段を1段1段上っていくような質疑は1問1答の理想の形やなと
非常に勉強になりました。


元神戸市議である、みんなの党兵庫1区支部長のいさか信彦さんでもそうですが
やはり何期も議員やってはる先輩議員の皆さんには学ぶところが多いなと
改めて、色んな質疑を聞いて思う訳であります。


いい答弁を引き出す質疑。
逃がさない追及の質疑。
色んなやり方がありますが
多分、どっちも出来て初めて議員として1人前なんだと思います。


そんなひよっこ藤川は、本決算特別委員会において

9月28日 金曜日の第3分科会 危機管理室
10月2日 火曜日の第3分科会 都市計画総局

この2つの質疑を担当します。
ネット中継で、生でも後からでも見れますので
是非ご覧になってください。


日々、勉強勉強。
by fujikawa_taisuke | 2012-09-25 19:07
中学生に学ぶ!
f0233887_1849955.jpg


今日は地元、住吉中学の体育会にお邪魔しました。
天候にも恵まれ生徒たちも元気いっぱい!
その真剣な表情についつい各競技に見入ってしまいます。


あるバトンリレーでの一幕。
先頭のチームがかなり速くて、最後尾の子を追い抜く勢い。
そこで先頭の子は、後ろを確認して二着以下との差を確認したあと
僕には少し失速したように見えました。

そして流して一着でゴール!
日本人的な優しい子やなあと拍手を送りました。
その圧倒的な速さに場内も大歓声!

そして二着、三着と順番にゴールをするも
最後のチームがなかなかテープを切れない。


そして、なんとか最後のチームがゴールをした時
一着のチームのゴールを超える大大歓声が‼


本当にいいリレーを魅せてもらいました。
日本人の誇るべき気遣いの精神。
今夜はいい夢見れそうです。
by fujikawa_taisuke | 2012-09-22 18:32
実は藤川は「かしこ」??
f0233887_23471772.png



こんばんは 藤川たいすけです。


ただいま決算議会の真っ最中ということで
ひたすら決算書とにらめっこして、分科会での質問などを作るという
格闘の日々を送っています。


ところで、みなさんIQって計ったことありますでしょうか。


そうです。「金田一少年はIQ180」とかいうときのIQです。
このあまりに藤川とかけ離れたワードが当ブログに出ること自体
驚かれる方も多いのではないでしょうか(笑)


実はこないだ、たまたま友人たちと
「人生で中学受験の時が一番賢かったんじゃないか」
というテーマで激論を交わしていた際に
じゃあ、IQテストやってみよう!となりまして


正式な試験じゃないのですが
インターネットで出来る簡易版みたいなのをやってみました。


制限時間は20分。 少々オーバーしてしまったので
正確な測定にはなってないかもしれませんが その結果は・・・。


なんと、「IQ135」の結果が出ました!!
140を超えると天才だということで、つまり藤川は天才一歩手前
(身の程をわきまえた上での冗談ですのであしからず・・・)


まあ、試験によって若干数字は変わるらしいので何とも言えませんが
純粋にけっこう嬉しかったです。
体育会系まっすぐバカというレッテルを少しは返上したくて
ついつい書いてしまいました(笑)


これで自信をもって決算特別委員会に向かうことができます!!
がんばるぞー!!!
by fujikawa_taisuke | 2012-09-20 23:47
連休を駆け抜けろ!
f0233887_2137284.jpg

(写真は、日曜日の党街頭演説です。いさか信彦衆院兵庫1区支部長と。)


この連休は、旅行にはばたく友人たちを尻目に(笑)
ひたすら地元での市政報告や、政治活動+決算の勉強に費やしました!

先週は急な会派議員の離団騒動により、委員長辞任を余儀なくされ
今までの委員会と違う運営を図っていた僕としては非常に残念な週末でしたが
この連休の市政報告活動に全力でぶつかることで、気持ちの切り替えが出来ました。


しっかり約束を守る政治を続けること・訴えること
やはり相応の反応を頂けていることを実感しました。


普段は、昼間に役所で仕事してますので、朝や夕方しか街頭が出来ないのですが
この連休はしっかり昼間の時間帯に、議会の報告などをすることができました。
街頭をして人前に出ると、本当にたくさんのご意見を頂くことができます。
この3日間も、地元のことから市政、国政のことまで様々な課題や質問を頂きました。


1つ1つ取り組んでいきます!


さて、連休旅行組からのお土産を楽しみに次の1週間を乗り切ろう!
まさかみんな忘れてないよね!?(笑)
by fujikawa_taisuke | 2012-09-17 21:34
石丸せいいち議員の会派除名について

9月11日付での垂水区選出の石丸せいいち議員の除名について
お騒がせしてしまい大変申し訳ございません。
また垂水区におきまして、「みんなの党」に一票を投じて頂いた区民の皆様には
重ねてお詫び申し上げます。


8月末の石丸議員からの突然の「会派をやめる。自民党神戸に行く」という宣言に
会派所属議員も本当に驚き、僕自身も正気かと耳を疑いました。


過去にも公約した供託が嫌だとか、与党路線で行くべきだとか色んな主張をされていましたが
なぜこの決算特別委員会直前のタイミングで突然自民党神戸に行くのか
(宣言前日の議員総会では、何の話もありませんでした。)
まったく理解のできない離党騒ぎに、会派としても除名という決断に異議はありませんでした。


「みんなの党」の看板で当選されて、1年ちょっとで「自民党神戸」に行く。
この彼の判断については相応の説明が求められますが
僕もこの間一言も説明をされていないので本当のところは分かりません。

ご本人がせめて区民、市民の皆様にはきちんと説明することを願うしかありません。


9月に入ってから決算の準備で忙しいなか、この問題に振り回され続けましたが
どうやら会派構成人数が変わるので、僕が今させて頂いている
都市防災委員長も9月18日に辞任しなければならない状況になるようです。

またご報告させて頂きますが、残り9か月委員長として
新しい形の委員会の審査を準備していたなかでの辞任につきましては残念で仕方がありません。


ともかく、長く続いたこの騒動に「石丸議員を除名」という形で一旦の区切りは出来ましたので
僕としても目の前の決算特別委員会に集中したいと思います。

それでは、今日も朝の街頭活動に行ってきます。
by fujikawa_taisuke | 2012-09-13 06:14
消防学校視察
f0233887_1695370.jpg


f0233887_16101270.jpg



9月22日に消防学校のお披露目行事の際にご挨拶をさせて頂くので
いきなり行って、ごあいさつもどうかと思いまして
消防学校の訓練の様子などを視察に行ってきました。


センター長はじめ職員の皆さんのご丁寧な説明の下
朝1の点呼から、装備チェックに3種類の訓練を見せてもらいました。


建物から建物への綱渡りや
地面から建物の3階くらいの位置に斜めに張ったロープを
体ひとつで登っていく訓練など


装備チェックの時もでしたが、何かミスがあると腕立てをするというルールに
軍隊ものの映画で見たような鬼指導員の皆さん
(訓練生の精神面を鍛えるため、あえて厳しくやっているそうですが)


訓練生の皆さんの表情も真剣そのもので
途中でロープを登りきれない訓練生をチームで励ましたり
なんだかレベルは違いますが、中高で柔道をやっていた頃を思い出しました。


その他、大規模災害など緊急時の訓練生の出動についてや
消防学校の施設を活用した市民の体験学習などについてお話をお伺いしました。


22日、訓練生の皆さんの半年間の集大成を見るのが楽しみです。
by fujikawa_taisuke | 2012-09-07 17:39
議員と離党、その大義



みんなの党の所属国会議員が複数名離党の意思を固めたと
個人名まで報道で出ている段階にきて
僕のところにも、「みんなの党の議員も結局ブレてるじゃないか」と
お叱りや、ご心配の声を頂いています。


良くも悪くも、大阪維新の会に左右されている感が否めない国政の状況ですが
今回の離党騒ぎにしても、僕自身事実確認はできていませんが
もし事実であれば、本当に残念なことだと思います。

なんのための「みんなの党」だったのか。
選挙に勝つための看板に過ぎなかったのか。


確かにみんなの党は結党当初から
大きな日本の改革のための政治勢力であり
その形に囚われない志の同じ政治家のグループであることを主張し続けてきました。


つまり、政界再編後には他の政治勢力との合併や協力などを
ある程度は最初から視野にいれた立ち位置であると僕は理解しています。


しかしながら、このタイミングである程度主張を同じくしている
大阪維新の会にうつる意味はなんなのでしょうか。
真逆の政治的主張のグループにうつるのも、その信念のなさに論外ですが
いずれにせよ、それは選挙の洗礼を受けた上での離党→入党であるべき。


時局を見ての単なる良い波に乗る離党なのか。
天下国家のため大義のある離党なのか。


政治家の決断には常に大義と信念の2つが求められると思います。
by fujikawa_taisuke | 2012-09-01 22:24