藤川たいすけの I LOVE KOBE

神戸を愛する28歳、神戸市会議員の奮闘記
<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
都市防災委員会 行政視察
f0233887_14175464.jpg

(名取市、防潮堤の建設現場にて。大石委員と。)



8月の27日から29日まで
都市防災委員会のメンバーで行政視察に
仙台市、名取市まで行ってきました。


仙台空港、宮城県庁、名取市、仙台市。


それぞれの復興状況やまちづくり、今後の防災計画、危機管理など
現場最前線のお話から、実地視察まで
テーマは、防災、危機管理に絞ったものの視野の広い視察となりました。


例えば名取市では、神戸市が震災直後から応援職員を送り支援している関係もあり
市長、議長から感謝のごあいさつまで頂き、津波の第一次防御ラインの建設現場の
見学など、実際に自分の目で見て足で歩いての視察は、一層思いの高まるものがありました。


神戸市においても、阪神淡路大震災の被災地として
防災に強い都市づくりを進めてきましたが
「未曽有の」という言葉の走った東日本大震災の事後をしっかりサポートしながら見つめ
認識を改めての防災意識の啓発、防災能力の拡充を行っていかなければならないと思います。
by fujikawa_taisuke | 2012-08-31 14:18
夏の土日は
f0233887_13414747.jpg


盆踊り! 夏祭り!

ようやく盆踊りラッシュが終わりを迎えようとしています今日この頃。
今年もたくさんの地域の盆踊りに参加させて頂きました。

地元でつくる地元の祭りは、若者からお年寄りまで
本当にたくさんの方の汗で成り立っていて、どこも大変盛り上がっていました。

盆踊りもだんじりも、地域活動すべてにいえることですが
その地域で暮らしている人たちが世代を超えて1つのことを成す。
この経験の値打ちはまさにプライスレスと思います。(CMのパクリで申し訳ございません 笑)


ご挨拶、お話させて頂きました皆さん今年も本当にありがとうございました!!


さて、9月から始まる議会を前に、藤川にはまだ大きな山場が残っています。


それは自分が住んでいる地域・山田区の盆踊り。
今年は、YMD(やまだ)総選挙の結果、踊り子メンバーに選出されましたので
必死で4曲目の練習をやっている訳であります。


ベテラン師匠に教えて頂いた振付を
毎晩、お風呂に入る前に練習している意外と律儀な藤川でした・・・。
by fujikawa_taisuke | 2012-08-20 13:42
夏の夕方 
f0233887_1826314.jpg

(防災教育について東京消防庁の視察。大石よしのり議員と。)


暑い日々が続いていますが、皆さん体調は大丈夫でしょうか?

完全にブログさぼっていましたが、決して活動をしていなかったわけではありません。
むしろ、委員長としての仕事も増えて、若干キャパオーバーになる勢いです(笑)

FACEBOOKの更新が手軽すぎて、そっちにより過ぎていたので、ブログのやり方を考えます。
もう少し携帯から簡単にUP出来るようなやり方を模索しなければ・・・

活動報告です。
常任委員会に、その他委員会の傍聴、勉強会、研修会への参加。
公営住宅の入居者選考会の立ち合い委員などの委員長としてのお仕事。
また、党務、街頭活動に加えて、地元地域でのイベントなど
特にこの時期は盆踊りを中心とした夏祭りが目白押しですので
区内、市内を右へ左へうろちょろしております(^^



そんな中で、昨日、久々に秘書時代の先輩方とテーブルを囲む機会がありました。
親分は、現在副大臣を務められていて、中央でバリバリ活動中ですが
その元秘書も衆院議員をはじめ、各市議会議員など
「職業秘書」ではなく、「でっち奉公」タイプの明確に議員を目指している
秘書が多い、大阪では厳しさで有名な事務所でした。


4人で集まったのですが、政令市会議員2人、衛星都市議会議員1人に社長秘書1人と
今では、みんな若いながらもそれぞれのフィールドでがんばっています。


話題も必然、政治の話で、色んな先輩の話を聞いていると
「ここが自分には足りないなあ」 
「そういえばこんなことを親分が教えてくれていたなあ」と
何気ない会話がとてもいい刺激になりました。


秘書の時は「議員のセンセイ」は神様のようなもので
なんでも出来るし、力があると思っていたのですが
いざバッヂをつけさせていただくと、当然そんなに簡単に物事が動く訳もなく
ときおり、というか毎日色んな壁にぶつかっています。


友人とかの話を聞いていてうらやましいなと思うのがそこで
そういうときに、例えば同期であったり、先輩や上司に助けてもらったり
相談したりとできるんでしょうけど
なかなか、この業界はそうはいかず、なんでも相談できるわけではないので
ややこしい業界やなあと時折ため息をつきます。


ただ、そんな中でも、秘書時代の先輩は別。
今でも、政党も違いますが、色んな相談をしたり助けてもらっています。
会社というより、学生時代の先輩後輩に近い感覚でしょうか。
恥ずかしげもなくなんでも議会内外のことが話せるのがとてもうれしいです。


地元でもいつもそうですし(まさに今日もアニキにお世話になります 笑)
先日参加させて頂きましたが、同窓でもそうです。


僕はいつも言うこと聞かない下っ端キャラみたいな感じですが
沢山のアニキ達に見守ってもらっている。
感謝です。
僕も、下の子たちからそう思ってもらえるアニキになりたいと思う夏の夕方でした。
by fujikawa_taisuke | 2012-08-11 18:27