藤川たいすけの I LOVE KOBE

神戸を愛する28歳、神戸市会議員の奮闘記
石丸せいいち議員の会派除名について

9月11日付での垂水区選出の石丸せいいち議員の除名について
お騒がせしてしまい大変申し訳ございません。
また垂水区におきまして、「みんなの党」に一票を投じて頂いた区民の皆様には
重ねてお詫び申し上げます。


8月末の石丸議員からの突然の「会派をやめる。自民党神戸に行く」という宣言に
会派所属議員も本当に驚き、僕自身も正気かと耳を疑いました。


過去にも公約した供託が嫌だとか、与党路線で行くべきだとか色んな主張をされていましたが
なぜこの決算特別委員会直前のタイミングで突然自民党神戸に行くのか
(宣言前日の議員総会では、何の話もありませんでした。)
まったく理解のできない離党騒ぎに、会派としても除名という決断に異議はありませんでした。


「みんなの党」の看板で当選されて、1年ちょっとで「自民党神戸」に行く。
この彼の判断については相応の説明が求められますが
僕もこの間一言も説明をされていないので本当のところは分かりません。

ご本人がせめて区民、市民の皆様にはきちんと説明することを願うしかありません。


9月に入ってから決算の準備で忙しいなか、この問題に振り回され続けましたが
どうやら会派構成人数が変わるので、僕が今させて頂いている
都市防災委員長も9月18日に辞任しなければならない状況になるようです。

またご報告させて頂きますが、残り9か月委員長として
新しい形の委員会の審査を準備していたなかでの辞任につきましては残念で仕方がありません。


ともかく、長く続いたこの騒動に「石丸議員を除名」という形で一旦の区切りは出来ましたので
僕としても目の前の決算特別委員会に集中したいと思います。

それでは、今日も朝の街頭活動に行ってきます。
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2012-09-13 06:14
<< 連休を駆け抜けろ! 消防学校視察 >>