藤川たいすけの I LOVE KOBE

神戸を愛する28歳、神戸市会議員の奮闘記
政治活動はフェアにやりましょう~VS市役所~


こんばんは みんなの党 神戸市会東灘区支部長・藤川たいすけです。


今日は夕方に市の選挙管理委員会に行ってきました。
内容は、公職選挙法に違反している予定候補の皆さんの活動について。


公選法というものは、選挙期間をのぞく事前の選挙行為や売名行為を規制しています。
ですので、僕たちはその法律に抵触しないように
セーフな方法で演説会ポスター(2人以上の弁士を記載する演説会告知用ポスター)を作ったり
チラシや日々の街頭活動の文言など、何かと気をつけながら活動をしています。


しかしながら、中には選挙管理委員会(以下選管)なんか
どうせ厳しい対応はとらないだろうとタカを開き直って違反を続ける人たちがいます。


僕は国会議員をはじめ民主・自民両党の秘書をしてきましたが
「2回注意が来るまではダイジョウブ」とか
「選管も市の職員やから、大政党には逆らえないからムシしたらええねん」とか


そんな発想の方々はけっこういるのが現状です。
法的なグレイゾーンはともかく、完全にアウトな行為を平気で続ける
こんな人が政治家になったら終わりだなとよく思います。


政治活動はフェアにやりましょうよ!各党のみなさん!!
個人ポスターをもう違反時期なのにいつまでも貼ったり・・・
政治家の寄付行為は禁止なのに年末の夜警にお酒やお金を持っていったり・・・


ルールを無視する人に政治は任せられません。


皆さんも、今の時期以降に「1人しか載っていないポスター」を見かけたら
ぜひ、選挙管理委員会に通報してください。それは「違反ポスター」です。


そして、なぜ選管もきちんと把握して違反をなくす動きをしないのか。
今日お話を聞きに行ったのですが・・・。


(市職員) 「人が足りないので出回れない・・・。」

(市職員) 「市民から通報があれば対応しますから・・・。」

(市職員) 「たまたま東灘は遅れている・・・。」

(市職員) 「国勢調査があったから忙しくて・・・。」

(市職員) 「原則として、法律に記載されているので守ってもらう前提なので・・・。」

(市職員) 「市民から連絡がきても、通告の電話をして数日待ち、撤去命令を出してさらに待つ・・・。」


などとあまり納得のいかない答えでした。


確かに本来は、政治家側が違反になる時期を確認して先にはがすべきです。
僕も自分で11月には選管に電話をして、時期を確認しました。


しかしながら、中にはそういうルールを無視する人もいるわけです。
論外ですが、そういう人に対して、選管の人数がいないからといって
いつまでも実質放置し続けるという対応でいいのでしょうか。


実は、各種選挙のたびにこういう違反ポスターが放置されてるケースは
けっこう普通にある話なんです。


法律がある以上、残念ですが違反する人は現れます。
で、あればそれに対してしっかり対応するのがチェック機関である選管の仕事です。


人数不足も、国勢調査も、なんの理由にもなりません。
人数不足でもやり方はあるはず。


たとえば今日、提言した1つの方法ですが
神戸市の全職員に違反ポスターの様式を伝えるプリントを配り
通勤や帰宅時などに見つけたら携帯電話で写真をとるなり、場所をメモするなりして
選管に送るようなシステムをつくる。


これだと予算もほとんどかかりませんし、職員の少しの意識で違反を減らすことができます。


そして、通告も無駄です。
そもそも法律違反を分かっていてしてる訳ですから
すぐに撤去命令を出さなければ、何よりポスターを貼って頂いてるお宅に失礼です。
違反行為の片棒を知らずに担がされてる訳ですから。


ちょっとの工夫で、もっと色んな事が出来るんです。
言い訳の技術を磨くのではなく、ハードにばかり市民の税金を注ぐのではなく
小さなことからでも、知恵を出し合えば変えることは出来るんです。


「ネクスト神戸」へ向けて、行政の体質の問題点を間近で見た思いです。



最後に、もう1度


政治家の皆さん、政治家を目指す皆さん


政治活動はフェアにやりましょう!!


ルールは守りましょう!!


市民はどうせ知らないだろう・・・って感覚で、活動をするのだけはやめてください。
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2010-12-16 22:13 | 政治に物申す
<< いくぜ!街頭大作戦!! 今朝はJR住吉駅南よりスタート >>