藤川たいすけの I LOVE KOBE

神戸を愛する28歳、神戸市会議員の奮闘記
<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
意見表明
f0233887_19161369.jpg


本日、会派としての平成24年度神戸市予算に対して意見表明を行いました。

会派内でも賛成・反対とかなりの激論が交わされましたが
今回は僕は理事としての取りまとめ入る為、少し意見については自重させて頂きました。


7月の僕の質疑に対する、総人件費の削減の先駆けとして市長の退職金削減
環境局の2人乗車制度への意向、職員の不祥事根絶など
この1年間訴えてきた沢山の事柄のうち、いくつかは当局も飲んだ結果となりましたので
及第点は与えなければならないとの判断の下、以下の厳しい要望をつけての賛成となりました。


以下の要望をどれだけ矢田市長以下関係当局が呑むかによってまた今後の流れは
大きく変わることになるかと思いますが、まずはご報告させて頂きます。


そして、共産党が出した予算編成の組み替え動議については反対。

民主・自民・公明・たち日などが出した付帯決議についても
海上アクセスの処理を含めた今後の外郭団体の後押しともとれる文章がありましたので
更なる市民負担を避けるために反対をしました。


ただ反対だけの届かない声を出し続けるより
部分的な評価をしながらの第3極から、改革の声を上げる方が
当然、政治は動きます。


まだ書けませんが大局的観点に基づいてこれからも動いていきたいと思います。


(要望事項)
1、東日本大震災の復興に向けて、阪神淡路大震災より復興した経験を生かし、神戸ならではの支援を
  全力を持って行い続けるとともに、それらの教訓を生かし、防災都市としてハード面、ソフト面ともに
  充実した「市民が安心して暮らせる都市」を目指すこと。

2、市長の退職金削減をスタートとして、神戸市における更なる総人件費の削減に向けて
  評価制度の見直し超過勤務手当の削減などを含め、市民が納得できる
  新たな総人件費削減計画を作成し推進すること。

3、度重なる市職員による不祥事を、もう二度と起こさないという覚悟で徹底した職員教育・指導を行い
  新たに、市民の為に働く健全な市職員というあるべき姿を目指す不祥事根絶の具体的計画を示すこと。

4、市有財産の使用料の減免に関しては、減免の必要性、経済効果を検証し
  定期的に見直す体制を作るよう努力すること。


5、関西広域連合については、受け身でただ時流にのるだけではなく、神戸市がイニシアチブを取り
  能動的に他都市との連携や国への要望に臨むことで地方分権の推進を目指すこと。

6、海上アクセス社においては、経営主体を見極め、これ以上の市民負担を避けるためにも
  海運業のみで事業の黒字化を達成すること。また、その他外郭団体についても事業採算の透明性を
  確保し、市民負担と公益性のバランスについては常にその説明責任を果たし
  市民が納得できる形にすること。

7、医療においては中堅看護師の確保・育成を推進し
  また介護福祉においては介護事業者が健全経営できるよう指導を図ること。

8、環境局の過員対策については、早期解消に努めると共に、解消するまでは事業所内の業務に限らず
  市内の不法投棄を一掃するなど実効性の高い業務にあたること。

9、我が会派が教育委員会に提出した「中学校給食の提言書」を参照して頂き、中学校給食について
  検討を進め早期に結論を出すこと。
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2012-03-16 19:20
藤川、ルミナリエの闇に迫る!!
f0233887_151123.jpg


本日、予算特別委員会第3分科会にて
産業振興局に質疑をしました。


内容は、阪神淡路大震災の犠牲者の皆様の鎮魂
神戸の復興、希望をテーマとして毎年開催されているルミナリエについて。


実はこのルミナリエ
5億1900万円の予算をかけて342万人が来場するイベントにも関わらず
昨年暴力団に上納金を納めていたことで新聞報道をにぎわせたテキ屋団体に
1店舗900円という格安の占用料で、170店舗を独占させているのです。
しかも、10年近くにわたる独占市場。
これぞまさに利権です。


藤川はルミナリエのテーマとはかけ離れたこの現実に
地域経済の活性化施策の1つとして、このテキ屋団体の独占状態を即やめて
地元で普段からがんばって下さっている神戸でご商売をされている方や
地元企業の皆さんに良識的な「使用料」を頂いて開放するべきだと訴えました。


しかし、あらかじめ質問内容を当局に通達しているのにも関わらず
その答弁は、だんまり、誤魔化し、無回答、答弁漏れなど他に例を見ないほど
もうむちゃくちゃで、まともな質疑になりませんでした。


僕としてもしっかりとした質疑をして、議事録にその議論の記録を残すことが
議員としての役割の1つだと考えているので、突然の質問に当局が混乱したりして
割り振られた質疑の時間をムダにしないように
事前の質疑取りにも快く応じていたのですが、まさか裏をかかれるとは・・・。


委員会の場でも、その後の局長をはじめとした幹部との場でも
議会軽視・民意軽視ともとれるその態度にかなり怒ってしまいました。


僕はけっこうズバズバ言う方ですが、それでも批判だけに終始するような質疑は
あんまり好きじゃなく(べた褒め質疑も嫌ですが)、適度に(自分の中でですがw)
問題点を指摘してからは、必ず提案型の質疑に切り替えたりすることで
叩きのめしてしまうのではなく
最後にはいわゆる議論の逃げ場をつくっていくような質疑を目指しているのですが
これでは質疑のやり取りの落としどころも何もありませんでした。


市政報告でもご報告しますが、徹底してルミナリエの闇を
本来のルミナリエの意義にある希望の光で照らし去りたいと思います。


ムダな言葉の往復で、本来の3分の2しか質疑が出来なかったので
残りは盤外戦術で・・・
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2012-03-13 01:06
週明けより予算特別委員会
f0233887_13511497.jpg


昨日の本会議では、みんなの党から山下てんせい議員(西区)が
会派を代表して質疑を行いました。


内容は
僕が昨年行った質疑の延長でもある市職員の綱紀粛正
市全体で議論の的となっている海上アクセス
中堅看護師の職場復帰システムとその確保など


今回の代表質疑では他会派の議員さんの質疑にも
思わず僕も拍手してしまうようなものもあり、非常に聴きごたえがありました。


引き続き予算特別委員会が週明けよりスタートします。
僕は第3分科会に所属して、12日の産業振興局への質疑。


それと、今回の予算特別委員会の理事になりましたので
16日に議場にて意見表明(会派としての予算の賛否などを述べるものです)を行います。


市政報告活動も休まず出来る限り続けますので
街中で見かけた際にはぜひお声がけください。


メインの予算特別委員会に加え
月末にはだんじりも出るし、政党活動や政治塾もあるし、当然市政相談や調査も・・・。
あんまり寝てないのに妙に元気なのはやっぱり充実しているからでしょうか。
ずっと目指していた仕事、ほんとにやりがいのある重責だと痛感しています。
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2012-03-03 13:51
遅寝早起きは別段得なし


おはようございます。
この時期は、昼にも夕にも夜にもゆとりがないので
目覚ましを4時半にセットしてお勉強をしています。

今回の予算特別委員会では理事に就任させて頂きますので
過去の議事録なんかを読みながら、準備をしています。

今日は市会2日目です。
民主・自民・公明の3会派からの質疑です。


明日の市会3日目には、みんなの党の山下てんせい議員が
登壇しますので、ぜひお時間のある方は市会まで傍聴に来てください。
内容はインターネット放送として市会のHPでも公開されます。


ちなみに藤川は第3分科会(都市計画・消防・港湾・交通・産業振興)で、産業振興局に質問します。
あと、最終日に理事として会派の意見表明を行います。
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2012-03-01 05:18


by fujikawa_taisuke
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
政治に物申す
神戸の街
地元行事
つぶやき
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
車椅子マークの乗降スペース
at 2013-06-01 20:34
防災センター視察
at 2013-05-30 13:49
五月晴れ
at 2013-05-27 12:38
敦盛
at 2013-05-18 20:28
勇者の出発
at 2013-05-18 09:57
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧