藤川たいすけの I LOVE KOBE

神戸を愛する28歳、神戸市会議員の奮闘記
<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
尖閣諸島問題

こんばんわ、藤川たいすけです。


近頃、テレビや新聞を騒がせている問題の1つに
「尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件」があります。


概要については連日連夜の報道で
皆さんお分かりかと思いますので省きますが
特筆すべきニュースを見つけたのでピックアップします。


沖縄県議会がこの事件を「領海侵犯」として中国政府に抗議し
再発防止を求める決議を可決。
そして、同時に日本政府にも中国漁船の船長への処分保留の釈放について
抗議する決議も可決とのニュースでした。


沖縄県議会がとても立派に真っ当に見えるのは僕だけでしょうか。


日本固有の領土であるという点においては
とてつもない行数が必要なので、ここでは割愛しますが
僕自身は、日本国民の1人としてその論拠を信じて疑いません。


今回取り上げたいのは、その事後の対応なのです。
中国船船長を逮捕するまでは、領海侵犯ですから当然の措置として
なぜ釈放したのかという点です。


政治家の指揮権は発動していないとかそういう戯言は無視するとして
(在中日本人逮捕や日中閣僚の交流問題などを意識した
 高度な政治的判断としか考えられませんので)


目の前のトラブルを避けるために、大局的なものの見方を捨てて
お手上げ万歳では、外交は成り立ちません。


日本政府は、日本としての認識をしっかり持ち
他国からの侵犯行為に対しては毅然とした対応をしなければなりません。


今回の対応では、極端な話、神戸をどこかの国が「ウチの領土だ!」といって
瀬戸内海に軍艦を並べても文句がいえないということなのです。


本当にこんなことでいいのでしょうか?


在中日本人へのスパイ容疑での中国の逮捕というのも
かなりどうかと思いますが、邦人の人命優先という論理で
その四名と引き換えに船長を釈放し
国のトップ同士で新たに尖閣諸島について解決に向け話し合うというのならともかく


これでは単なる無条件降伏です。
どうぞ、日本政府の皆さん、建設的な方向性を打ち出してください。


拉致被害者問題もそうですが
いつまでも「臭いものにフタ」の外交では
その場はやり過ごせても、次の世代そのまた次の世代
私たちの子供や孫たちが大変なことになるかもしれません。
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2010-09-29 00:53 | 政治に物申す
つれづれなるままに・・・~ありがたい反響~
こんばんわ。藤川たいすけです。


まずは当ブログ御覧の皆様、いつもご愛読ありがとうございます。
え? ガラにもなくなんで畏まっているのかって?
よくぞ聞いてくれました。(聞いてくれてなくてもスルーでお願いします。)


なんとですね、ここのところお会いする方に
よく「国勢調査、ブログで読んだから快く応対しといたで~」などと
お声掛けいただけるのでございます。


今まで友人には「もっと更新しろよっ」とよく叱られてはいたのですが
意外に色々な方に読んで頂いてるみたいで
これは大変ありがたいと。少しでも社会に貢献できた気分に浸っているのであります。


まあ・・・自己満足なのですが・・・。


ともあれ、これからも全力疾走致します!!!
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2010-09-29 00:15 | つぶやき
菅さん再選・・・
おばんです。藤川たいすけです。


どうなんでしょうか、これ。


言いたいことが多すぎてあんまり書く気になりませんが


とにかく、早期解散で以て国民に信を問うべきではないでしょうか。


まだ小沢さんの方がなんとかしてくれるような・・・という
掛け捨ての保険みたいな淡い期待は個人的にありましたが


我々国民には、解散までは今や日本のリーダーを直接決めることはできませんが
決まった以上は、右に左にぶれまくりの現状だけは勘弁してもらいたいと思います。


こんなことでこの国は大丈夫なのだろうか。
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2010-09-14 21:34 | 政治に物申す
国勢調査がはじまります。
こんばんわ。藤川たいすけです。


突然ですが、皆さん最近CMで「国勢調査」って言葉を見かけませんでしょうか。
しかしながら、国勢調査って何?と思われる方もおられるのではないでしょうか。


国勢調査とは・・・
ある時点における人口及び、その性別や年齢、配偶の関係、就業の状態や世帯の構成といった「人口及び世帯」に関する各種属性のデータを調べる「全数調査」。


言ってしまえば、どこそこにどんな人が住んでて、どんな家族構成で、どんなお仕事で・・・
といった国民を知るための調査というわけです。


まあ、実際のところは僕自身もよく分かってなかったのですが
地元地域での区民会の関係で、今回の国勢調査のお手伝いをさせていただくことになりました。


その名も・・・国勢調査員!!(そのまんま・・・)
立場としては、非常勤の国家公務員になるそうで
いやあ僕もえらくなったなあと無意味に胸を張った次第でございます。


この国勢調査員。
いったいどういうことをするのかと言いますと
単純な話が、国勢調査のお願いに皆さんのお宅にお邪魔するという内容なのです。


そこでなるべく直接お会いして、説明をして書類を渡して返送をお願いすると
僕はこれを100件くらいすることになりそうです。


まだ調査開始期間ではないので、実際のよもやま話はスタートしてから書きたいと思いますが
1つだけ皆さんにお願いがあります!!


以前、5年前にお手伝いされてた先輩方のお話を聞いてみると
不審者扱いされたり
夜何時に持ってこい!と言われたり
調査員にとっていろんな厳しい部分があるそうです。


昨今、押し売りや詐欺の類も多く問題にはなっていますので
見ず知らずの人の訪問には気をつけなくてはなりませんが


どうか国勢調査員があなたのお宅に来ましたら
優しく書類を受け取って説明を聞いてあげてくださいね。


ちなみに国勢調査員は、「国勢調査」と書かれた腕章をつけ
本人の写真入りの身分証明書を首からぶら下げていますので
どうぞご協力のほどを!
[PR]
by fujikawa_taisuke | 2010-09-12 20:00 | つぶやき


by fujikawa_taisuke
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
政治に物申す
神戸の街
地元行事
つぶやき
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
車椅子マークの乗降スペース
at 2013-06-01 20:34
防災センター視察
at 2013-05-30 13:49
五月晴れ
at 2013-05-27 12:38
敦盛
at 2013-05-18 20:28
勇者の出発
at 2013-05-18 09:57
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧